地価公示価格について

売りたい時に気にかけておきたい地価公示価格とは

和室

不動産を購入したい、
売りたいといった時に解りづらいのが土地の価格です。

国や自治体が発表している土地の価格だけであっても、
路線価、公示地価基準地価、固定資産税評価額などの種類が
あるので、どれを見れば良いのか解らない人も少なくありません。

中でも、公示地価にスポットをあてますと、
これは地価公示価格や地価公示、公示価格などの
様々な名称で呼ばれています。

正確には、
地価公示制度に基づいた地価と表現すべきなのでしょうが、
一般的には公示地価と表記されることが多いです。

この公示地価ですが、地価公示法に基づいて算出されるもので、毎年1回公示されることになります。

公示される対象は原則として都市計画法で定められている都市計画区域内でのことになり、
さらに都市計画区域外であっても土地取引が見込まれる区域については対象内です。

土地価格の動向を知る指標とされることが多く、新聞などのメディアでも取り上げられています。

地価公示価格の算出には2人以上の不動産鑑定士が別々に鑑定を行った上で、
結果を調整して価格が決定されます。

現存する建物などに左右されず、調査対象となる土地が
最大限に発揮できる使用法を考慮された上での評価額となります。

土地の価格は毎年1月1日時点のものとされていて、3月の中旬頃に発表されますので、
この時に上で書いたように新聞などのメディアからでも知ることが可能です。

また、公示される際には、住宅地、商業地、工業地などのように分類されることになりますが、
一般的には更地価格で計算されることがほとんどです。