住宅ローンが残っていても売りたい方へ

やむ得ない状況で手放す場合もありますよね

金庫

住宅など不動産の購入は
人生で最も大きな買い物とされていることから、
ほとんどの人が購入する時には住宅ローンを利用します。

住宅ローンの返済は長期間にわたりますので、
その期間中には何らかの事情が起こって
住まいを売却するといったケースも出てきます。

住宅ローンがあっても売却を出来るのかといったことですが、
端的に書きますと、
住宅ローンがあったとしても不動産を売却することは可能です。

正確にはローンを完済しないと売却をすることは出来ないのですが、
抵当権を解除することで売却が可能となります。

⇒ 抵当権とは何か、ですが端的に書くと、担保のことですね。

住宅ローンを組む時には、万が一の時を考えて
金融機関は貸付の対象となる不動産に対して抵当権を設定します。

返済が滞ってしまったりした時に、抵当権のある不動産を競売にかけることで、
融資したお金を回収するためですね。

抵当権がついたままであっても、その住宅を売却することは可能です。

しかし、ローンの返済が行われなくなると、
実際の所有者が誰であっても抵当権のある住宅は競売にかけられます。

つまり、抵当権のある家を購入する人は先ずいないので、実質的に抵当権があると売却出来ません。
そこで、住宅ローンがあっても売却したいのなら、抵当権を解除する必要が出てくるのです。

この抵当権の解除に必要なのがローンの完済となります。
だったら、完済しない売れないんじゃ? と考える人も多いのですが、
実際には住宅を売却した代金をそのままローンの返済にあてて完済してしまうケースがほとんどです。

ちなみに売却代金でローンを完済できない場合でも、大幅にローンの額を減らすことは出来ますし、
残額を支払うことで抵当権を解除することも出来ます。