価格参考となる地価調査価格のしくみ

ネット上で簡単に確認できる地価調査価格

土地の価格とは様々な評価の仕方があります。

不動産を売りたい人にとってとても重要なものであり、
固定資産税にも大きな影響を持っています。

基本的に、日用品や食品などのように頻繁に取引されるものではなく、まったく同じ土地は存在しません。

よって、売買の取引をする人の事情などによって大きく価格が左右されてしまいがちです。
そこで土地の適正価格が必要になるのですが、その1つの目安となるのが地価調査価格です。

よく似たものに公示地価があるので簡単に比較しておきますと、
公示地価が国土交通省を中心にして行うのに対して、地価調査価格は各都道府県知事が主体となるものです。

また、調査基準日も異なっており、地価調査価格では7月1日時点での価格ということになります。
対象としては各都道府県の全域が対象となっており、公示される時期は9月の中旬から下旬です。

地価調査価格における価格の定義とは、ある土地について自由に取引が行われることを前提にしており、
その取引が通常に成立するであろう価格となっています。

宅地、宅地見込地の場合は1平方メートル単位の価格であり、
林地である場合は10アールあたりの価格となるのを覚えておくと良いでしょう。

地価調査結果に関しては、公示地価ほどメディアで大きく取り上げられることはありませんが、
各都道府県のウェブサイトなどから簡単に見ることがあるので、興味のある人は確認してみて下さい。

現年度の調査結果だけではなく、前年の結果なども確認できますので価格の流れを知ることも可能です。